--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
02.15

PCを組むさいのコツとか手順とか。

Category: 日記
PCを組むさいのコツとか手順を、自分なりにまとめてみました。


まず、1番最初に考えるのが

デスクトップかノートパソコンか

肝心ですね。まずは使用する場所を考えます。持ち運びすることが多いのなら当然ノートPCでしょう。

ノートPCは今現在はホボ自作は無理?部品が売ってるのかな?そこらへんは詳しくないので省略。


次に使用目的ですね。

この前家電量販店のPCコーナーでPCゲームをしないのに明らかにオーバースペックなPCを買おうとしていた方がいらっしゃいました。スペックが高いにこしたことはないでしょうが、値段が2~3万変わってくるとなったら話は別です。

まずは、キチンとしっかりとした目的を作ります。
ゲームをしたいからゲーム用PCとか
絵を描きたいからクリエイター向きとか
インターネットを見たり動画を見れればいい程度だからとか

ここがちゃんと決まってないとパーツ探す時にアレもコレもと迷ってしまいます。



3番目に、事前にある程度の知識は見に付けておきましょう。

まぁ
『知識が無くてもPCを組んでみたい!』
って方もいらっしゃる事でしょうし、そういう方には今はパーツを店が決めて、『組む』だけのキットなんかも売っていますのでそちらをオススメします、既製品より1万ぐらい安かったりするので結構いいと思いますよ。
こちらはBTOPCなどのサイトで多く取り扱っていますが、近場にキットを置いてある店があるなら直接説明を聞きながら選んだ方がいいでしょうね、店員さんは多分既製品をオススメしますが。

キットを使わないで組みたい!って方で自分だけじゃ怖い!って方はインターネットが使えるんです、調べましょう。
勉強は基本です。知り合いに自作していたり詳しい人がいらっしゃるなら、その人にきいてみるのもいいと思いますよ。
僕はボッチなんで、学校で貰った本とネットを駆使して勉強しましたが。



さて、ここまできたらいよいよパーツ選び。
自分で組むPCの目的に合わせてパーツを選んでいきます。
もちろん、使えるパーツ使えないパーツがありますので、そこらへんはしっかりと調べましょう。

CPU....要約するとPCの脳です。こちらの性能が高いほどPCは凄く働くと考えてもらえばいいと思います。性能の説明についてはこちらを見ていただくとわかりやすいと思います。⇒CPUって何?

M/B(マザーボード)....基盤です、パーツをはめ込んでいくために必要な板ですね!ということもあって使えるパーツ使えないパーツが勿論あるので、1番基本的なパーツとなりますね。簡単に言うとM/Bを基準にパーツが決まると言ってもいいかもですね(そうとはいいきれないけど)

メモリー....どっかでみた例えだと"机"ですね、僕は単純に細かいデータの保管場所って感じで覚えてますけど。保管場所は限られてるより多いほうがいいでしょう?

HDD&SSD....データの保管場所です、メモリとは違って一時的ではなくずっと保管する場所です、容量が大きいほど保存できる量も多いと思っていいです。SSDに関してはHDDより読み込み速度が速いと思ってください詳しい説明はこちらに⇒SSDって何?

グラフィックボード(ビデオカード)....3Dポリゴンを計算します。オンラインゲームをしたりするのならゲームの快適さなどにも影響してきますね、しないのであれば基本は要らないと思います。最近では安いグラボよりもIntelHDなどの性能が高かったりしますので。CPUとグラボの関係についてはまたあとで。

電源....そのまんまです、電源です。電源(コンセント)ないと家電は動かないでしょう?電源はPCの性能に直接的に関わることはありませんが、グラフィックボードには補助電源というものがあったりします、電源はM/Bに直接刺すだけではなく、グラボにも必要になってくるわけですね。

ケース....ここに関しては好み7割ぐらいじゃないでしょうか・・・?そうです、PCのパーツを入れておく箱とでも思ってください。静音性やエアフローなどがありますが、初めて作る場合はファンの数とM/Bが入るケースかを気にしておけばいいと思います、買い換えることも少ないのでじっくり選ぶのも手ですがね。ちょっとした変態さんには『裸族』な方もいます。

OS....これがはいってないとパーツを組んでも動きません、動きはしますが自分がやりたいことができません。



デスクトップかノートを選んで!
使う目的を選んで!
パーツを決め終わって!

さぁ!いざ!

いえ、次は・・・予算です。

最初に予算を持ってくるのが大半だと思うんですけど、僕はここで合計金額+αをして総額をだします。
例えばPC本体の総額9万円だと仮定して
そこから、キーボードやマウス、ディスプレイなど、必要な周辺機器の値段を割り出します。

例えば周辺機器全てで3万円としたときに、パソコン本体代と周辺機器合わせて12万円になります。

12万円・・・結構な金額ですね。そこで、12万円を予算の最高と決めて、既製品のPCや、もう少し削れる部分がないかなぁと考査します。

予算を先に決める方法を取ると、それ以外が眼中に入らなくて後々つけたしつけたししてさらに金額がかさんだりしたので・・・(経験済み)

12万円だと自作で作るよりBTOショップとかで既製品買ったりした方が安い時代です。(スペックにもよりますが)

最初からPCを組むという人は案外少ないので(僕は最初からでしたけど・・・)

旧PCからパーツを流用したり(周辺機器も)など、予算を抑えてパーツ交換をしたりしてる人が多いです。

使えるものは使いまわします。

で、これが終わったら。パーツやらを買い集めて

PCを組んで、自分のPCの完成ですね。


おつかれさまでした。ここまで呼んでいただけたなら幸いです。

知り合いに要点だけまとめろやっていわれたので適当に自分の方法をまとめました。

特に参考にはならないと思うんだけど・・・というか、こういうのを載せたサイトたくさんあると思うんだけどな。

まぁあくまで自己流ですので方法はたくさんあると思います。

それでは良いPCライフを!
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。